第64回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)攻略データ(2)

第64回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)攻略データ(2)

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は1~4枠が(8-6-8-56)と内枠が圧倒的な成績を残しています。脚質では先行が(5-2-4-21)、差しが(3-6-2-52)と好成績を残しています。また、前走重賞戦に出走していた馬は(8-9-6-53)とこちらも圧倒的な成績を残しています。朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は『1~4枠』、『先行・差し』、『前走重賞戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走500万下・新馬・未勝利戦に出走し、2番人気以下だった馬は(0-0-0-36)です。
【該当馬】
ゴットフリートネオウィズダムロゴタイプワキノブレイブ

②前走1200m戦に出走した馬は(0-0-0-17)です。
【該当馬】
ディアセルヴィスティーハーフ

③前3走内にG3以下芝(良・やや重)戦に出走し、5着以下のある馬は(0-0-0-78)です。 ※前走重賞連対、マイル以上OP戦1着馬は除く、キャリア2戦馬も含む
【該当馬】
ザラストロディアセルヴィスネオヴィズダムワキノブレイブ

④マイル以上戦未勝利(未経験含む)で、前2走内に非重賞戦で0.6秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-46)です。
【該当馬】
ディアセルヴィスワキノブレイブ

⑤キャリア3戦以上で、前3走内に着外が2回以上ある馬は(0-0-0-43)です。
【該当馬】
アットウィルディアセルヴィス

⑥前2走とも1500m以下の非重賞戦に出走し、その2走内に2馬身以上の差をつけての勝利がない馬は(0-0-0-35)です。
【該当馬】
ティーハーフディアセルヴィスワキノブレイブ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全16頭)です。この8頭は攻略データ(1)もクリアしており、冒頭で述べた『先行・差し』、『前走重賞戦』も満たしていますので、後は内枠に入るのがどの馬かが大きなカギを握っています。枠順発表を待ちましょう(笑)。