第24回ユニコーンステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第24回ユニコーンステークス(GⅢ)攻略データ(1)

ユニコーンステークス(GⅢ)は東京競馬場・ダ・左1600mで行われます。このコースは芝のポケット部分からスタートしてダートコースに入るまで芝を150mほど走ります。内と外では外の方がおよそ30m芝部分が長くスピードがつきやすいため、外枠が有利と言われています。最初のコーナーまでの距離はおよそ600mありますのでスローペースになることは少ないです。基本的には逃げ・先行馬が有利と言われていますが、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届きます。それでは過去10年で3着以内に好走した全31頭中30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。
※2013年は3着同着の為、10年で該当馬が31頭となります。

①前走OPクラスのダート1400m以上で連対
18年 1番人気1着ルヴァンスレーヴ(伏竜S 2着)
18年 3番人気2着グレートタイム(鳳雛S 2着)
17年 5番人気2着ハルクンノテソーロ(昇竜S 2着)
17年 3番人気3着サンライズソア(青竜S 1着)
16年 2番人気1着ゴールドドリーム(兵庫チャンピオンシップ 2着)
16年 1番人気2着ストロングバローズ(伏竜S 1着)
16年 3番人気3着グレンツェント(青竜S 1着)
15年 2番人気1着ノンコノユメ(青竜S 1着)
15年 3番人気3着アルタイル(青竜S 2着)
14年 4番人気2着コーリンベリー(端午S 2着)
13年 3番人気1着ベストウォーリア(兵庫チャンピオンシップ 2着)
13年 1番人気2着サウンドリアーナ(端午S 1着)
12年 2番人気2着オースミイチバン(兵庫チャンピオンシップ 1着)
11年 3番人気1着アイアムアクトレス(昇竜S 1着)
11年 1番人気2着グレープブランデー(いぶき賞 1着)
11年 2番人気3着ボレアス(いぶき賞 2着)
10年 1番人気1着バーディバーディ(兵庫チャンピオンシップ 1着)
10年 2番人気2着バトードール(端午S 1着)
10年 6番人気3着サンライズクォリア(兵庫チャンピオンシップ 2着)
09年 1番人気1着シルクメビウス(端午S 1着)
09年 3番人気3着カネトシコウショウ(ヒヤシンスS 1着)

【該当馬】
ヴァイトブリックヴァニラアイスデアフルーグデュープロセス

②前走500万クラスのダート1600m以上で1着(0.4秒差以上)
13年 8番人気3着サウンドトゥルー(500万 1着 ※0.5秒差)
12年 1番人気1着ストローハット(500万 1着 ※0.5秒差)
09年 2番人気2着グロリアスノア(500万 1着 ※0.6秒差)

【該当馬】
アッシェンプッテルダンツキャッスル

③前走OPクラスもしくは古馬混合1000万クラス以上のダート1600m以上で5着以内
17年 2番人気1着サンライズノヴァ(鳳雛S 4着)
15年 9番人気2着ノボバカラ(青竜S 4着)
14年 3番人気1着レッドアルヴィス(三浦特別 4着)
14年 7番人気3着バンズーム(鳳雛S 3着)
12年 8番人気3着タイセイシュバリエ(昇竜S 4着)

【該当馬】
ヴァイトブリックデアフルーグデュープロセスニューモニュメントノーヴァレンダブルベアイリーデ

④前走500万クラスのダート1400m以上で1着(ダート戦歴2戦以内)
18年 7番人気3着グレートタイム(500万 1400m 1着 ※ダート戦歴2戦)

【該当馬】
エルモンストロ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は10頭(全17頭)です。その中でもヴァイトブリック、デアフルーグ、デュープロセスあたりが面白いかなと思います。とりあえず現時点での本命候補はOP戦2勝の実績のあるデュープロセスとしておきます。