第32回ジャパンカップ(GⅠ)攻略データ(2)

第32回ジャパンカップ(GⅠ)攻略データ(2)

ジャパンカップ(GⅠ)は7歳以上の馬が(0-0-1-19)と苦戦しており、4歳馬は(5-3-3-36)、5歳馬は(3-2-2-32)と4~5歳馬を軸として考えるのがベストのようですね。枠でみてみると1~3枠が(5-1-6-39)とやや有利のようです。また、脚質では差し馬が(7-2-4-48)と優勝馬を数多くでています。ジャパンカップ(GⅠ)は『7差以上苦戦』、『4~5歳馬軸』、『1~3枠』、『差し馬』が好走馬を探す4つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走10着以下だった馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
トーセンジョーダン 

②前走10番人気以下だった馬は(0-0-0-24)です。
【該当馬】
ジャガーメイル

③前4走内に1800m以上戦で6着以下が2回以上ある日本馬は(0-0-0-65)です。
【該当馬】
オウケンブルースリメイショウカンパクローズキングダム

④前2走とも日本のレースに出走し、5番人気以下3着以下の日本馬は(0-0-0-28)です。
【該当馬】
ジャガーメイルビートブラック

⑤2ヶ月以上の休養馬は(0-0-0-24)です。
【該当馬】
スリプトラ

⑥天皇賞(秋)で2桁順位だった馬は(0-0-0-21)です。
【該当馬】
トーセンジョーダン

Advertisement

消し馬データとしては扱いませんが、2007年以降外国馬は(0-0-0-24)と苦戦しています。外国馬の収拾ま毎年悩みますねw

本日の消し馬データをクリアした馬は10頭(全17頭)でした。この10頭のうち攻略データ(1)もクリアしているのは7頭で、さらに冒頭でのべた4つのキーワードを考慮すると、フェノーメノ、エイシンフラッシュ、ルーラーシップの3頭が良さそうです。